グッズの売却方法

パソコン不要となったグッズを売るためには、いくつかの方法があります。
ひとつの方法が、ファンサイトやSNSなど、インターネットを使って個人的に同じファンでほしい人を探して、個人的にやり取りをして販売することです。
一見すると簡単な方法なように思えますが、欲しい相手を募って、金銭の交渉を行い、お互い納得のいく取引を行うことは大変です。

フリマアプリやインターネットオークションだと、値段を自分でつけることができます
金銭のやり取りも仲介をしてもらえますが、1点1点値段を付けて、発送をしてという作業はやはり手間がかかります。

また、リサイクルショップなどに持ち込む方法もありますが、アーティストなどのグッズの場合、とても貴重な一品であっても、査定では中古の日用品やグッズとして扱われてしまうこともあり、思うような値段が付かないこともあります

そのため、アーティストやジャニーズグッズをまとめて売りたい場合には、専門の買取り業者に依頼をするのがおすすめです。グッズの価値を理解した査定を行ってもらえますし、ジャニーズグッズ買取の専門店では、特に海外在住のファンの需要が多いため、誰かの役に立つという喜びも味わえます。大量の場合でも、段ボールに入れて送るだけで買い取りをしてもらうため、持ち込む必要もありません。


ファン卒業をしたら

ペンライトジャニーズやアイドルのファンで、グッズを集めるのが趣味という方も多いと思います。
ファンクラブでしか購入できない貴重なグッズだったり、販売されている場所や期間などが限定されている特別なグッズだったり、コンサートに参加するために必要なグッズだったり、気が付いたら膨大な量になっているかもしれません。

ファンを卒業することに決めた方、また、引っ越しや新生活をはじめるにあたって、部屋の整理を行わないといけないことになった方は、思い出のグッズを整理して手放す、断シャリを行ってみましょう

断シャリは流行語にもなったよく聞く言葉ですが、ただ片づけるという整理術ではありません。もったいないといった意識を変えることにより、物への執着をなくし、スッキリとしたシンプルな生活を送ろうという新しい考え方です。すべて捨ててしまうというわけではないのがポイントだともいえます。

部屋の中をスッキリさせたら、問題となるのは山のようなグッズの処分方法です。ただ捨てる、というのはとてももったいないものです。不要なグッズも、誰かほかの人にとっては、絶対ほしい一品かもしれません。買取りをしてもらえる専門店への買い取りを検討しましょう。


ジャニーズグッズの買取業者

断捨離ここ数年「断シャリ」という言葉を、雑誌や新聞などで見かける機会も多いと思います。
断シャリとは、すべて漢字にすると断捨離、もしくは断捨利(だんしゃり)と書きます。
古くからある言葉のようですが、そうではありません。
実は、2010年ごろにやましたひでこさんの著書内で使われた言葉で、共感をした読者によって少しずつ広がりを見せ、その年の流行語にも選ばれたほどです。

断シャリという言葉は、もともとはヨガの用語から来ています。
3つの用語、断行、捨行、離行という考え方が基本となっています。
それぞれ、必要ではないものは断ち、現在所有していて不要なものを捨てる、物にしがみつく考えから離れる、まとめると、身の回りの物を整理して、すっきりとした人生を送ろうという考え方です。

日本では「もったいない」という考え方が尊重されていました。何かに使えるかもしれない、取っておこうと思い物を取っておく思考になる方が多いものの、知らず知らずのうちに物が膨大になってしまい、物理的にも、気持ちとしても重い枷ともなってしまう、という、それまでになかった新しい考え方は、多くの人に受け入れられてきているのです。

ジャニーズやアイドルやアーティストのファンにとって、ファンを卒業した後、断シャリをすることで、気持ちの整理を行うことは大切なことだといえます。断シャリを行った後、利用すると便利なグッズを専門に買取りをしている業者のサービスや、メリットなどをご紹介いたします。