ここ数年「断シャリ」という言葉を、雑誌や新聞などで見かける機会も多いと思います。断シャリとは、すべて漢字にすると断捨離、もしくは断捨利(だんしゃり)と書きます。古くからある言葉のようですが、そうではありません。実は、2010年ごろにやましたひでこさんの著書内で使われた言葉で、共感をした読者によって少しずつ広がりを見せ、その年の流行語にも選ばれたほどです。

断シャリという言葉は、もともとはヨガの用語から来ています。3つの用語、断行、捨行、離行という考え方が基本となっています。それぞれ、必要ではないものは断ち、現在所有していて不要なものを捨てる、物にしがみつく考えから離れる、まとめると、身の回りの物を整理して、すっきりとした人生を送ろうという考え方です。

日本では「もったいない」という考え方が尊重されていました。何かに使えるかもしれない、取っておこうと思い物を取っておく思考になる方が多いものの、知らず知らずのうちに物が膨大になってしまい、物理的にも、気持ちとしても重い枷ともなってしまう、という、それまでになかった新しい考え方は、多くの人に受け入れられてきているのです。

ジャニーズやアイドルやアーティストのファンにとって、ファンを卒業した後、断シャリをすることで、気持ちの整理を行うことは大切なことだといえます。断シャリを行った後、利用すると便利なグッズを専門に買取りをしている業者のサービスや、メリットなどをご紹介いたします。